精力アップに欠かせないアルギニンって?

精力サプリを探してると、いろいろな素材とか成分名を見かけるかと思いますが、中でも重要視されてる成分がアルギニンです。

アルギニンはアミノ酸の1種なのですが、効果として成長ホルモンの分泌を促したり、疲労回復に効いたり、一酸化窒素生成による血流改善などが期待できます。

有名な精力素材にも含まれてる成分で、このアルギニンをどれくらい摂れるかで勃ち具合が変わってくるといっても過言ではありません。

では実際にどれくらい摂ればいいかというと、だいたい1000mg~8000mgと言われています。

人気の精力サプリなら1日1000mgはだいたい摂れます。個人的に知ってる精力サプリなら5,000mgが限界で、8,000mgとなるとアスリート向けのプロテインとかそういうものでしか摂れません。

つまり精力効果を期待するなら1000mg以上とれれば問題ないのかなと思ってます。

副作用については下で書いてある通り、なかなか意識しないと摂ることが難しい数値なので、あまり気にしなくていいのかなと思います。

また個人差はありますが、1日15,000〜20,000mg以上で過剰摂取になると言われており、正常な方でも胃腸に大きな負担がかかってしまう恐れがあるので、多くても1日15,000mg以下に抑えて摂取するようにしましょう。

引用:アルギニンランキング | 精力剤マイスター

 

ただ、アルギニンだけをとってもあまり効果的ではなく、可能なら同じアミノ酸のシトルリンと一緒に摂ることを推奨されています。

シトルリンは1日800mgくらいが目安となっています。ペニス増大系の精力サプリには良く含まれてるので、そこから探すのも悪くないですね。

また、さすがにどちらも精力成分でバランスが悪くなってしまうので、ビタミンとかミネラルも摂れる精力素材が欲しいと考えると、ちょっと混乱しがちです。

そういう時は、精力サプリのランキングサイトなど利用してあたりをつけることをお勧めします。

ちなみに先ほど引用したサイトでは、アルギニンランキングを展開してるのでそこから選ぶのが初心者にとってはいいかもしれません。

アルギニンは成分なので、1000mg摂ろうと思ったら、別途アルギニンだけを配合したものでないと摂るのは難しいでしょう。

つまりマカとかクラチャイダムとかでは、1000mgには届かないってことですね。

これ以外と知らない人が多い気がするので解説しておきますが、マカの2倍のアルギニン量を誇るクラチャイダムですら、100gあたり1.4gくらいのアルギニンしか含まれていません。

「mg」ではなく「g」ってのがポイントで、ちょっと計算が難しいですが100mgのクラチャイダムをとったくらいでは1.4mgにしかならないってことです。

つまりアルギニンを摂取したいなら成分ベースの精力剤がベストってことですね。

まぁクラチャイダムはアルギニンだけが精力効果の有無を左右してるわけではないので、悪い素材ってことはないのですがね。

ちょっと脱線してしまいましたが、ぜひアルギニンを取りたい方は精力サプリの選び方にこだわってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です