中折れさせないためのテクニック集

ここでは、どうしても中折れしてしまうという男性のために、できるだけ中折れをごまかす、もしくは中折れさせないセックステクニックを紹介します。

まぁ中折れなんてED治療薬を飲んでしまえば何も心配することはないのですが、普段から持ち歩いてるって人の方が少ないでしょうから、それ以外の対策法を紹介します。

まずは、必ず実践してほしいのは景気づけですね。言い合えるなら気合を入れるのと同義で、勃起力がつきそうなドリンクを飲んでみたりしてほしいです。

中折れは気持ちの問題であることが多いので、プラセボでもあっても中折れしなければ目的は達せるということです。

では次は、具体的なテクニックを紹介します。

1つは行為中の体位ですね。

中折れしやすい体位というのが実はあって、それは騎乗位です。

騎乗位はすこしズレると、女性の全体重がペニスに集中するので比較的中折れしやすい体位といえるでしょう。

あとはバックなんかも、バキバキのペニスでないとピストンが上手くいきにくく、中折れも起きやすいです。

とにかくこの2つの体位は避けるよう心がけてください。

また、体位ではないのですがセックスのやり方でも中折れを回避できるテクニックがあります。

それはピストンの速度がゆっくりなスローセックスですね。

書籍なんかでも有名だとは思いますが、射精を目的とせず愛撫やコミュニケーションを重視してるため、中折れしがちでもお互い満足したセックスを楽しむことができるわけです。

ただ、スローセックスによって女性側はおおいに盛り上がるでしょうが、男性は性欲を維持するのが難しいケースもあります。

ようは前戯が長かったり挿入をじらす必要があるのですが、そのタイミングで邪念が入ってしまい射精前に賢者タイムに近い感覚になってしまうと、ペニスが萎えてしまう可能性があります。

逆に、女性と一緒に徐々に盛り上がっていくことができるなら、我慢というエッセンスが加わることから、勃起力は最大に引き上げられて、普通のピストンでも中折れしない可能性があります。

まぁ実際にやってみて自分に合ってるかどうかはしっかりチェックしておく必要はあるかなと思います。

また、スローセックスは時間がとにかくかかるので、時間制限があるシチュエーションでは使えないことだけ覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です