精力アップに欠かせないアルギニンって?

精力サプリを探してると、いろいろな素材とか成分名を見かけるかと思いますが、中でも重要視されてる成分がアルギニンです。

アルギニンはアミノ酸の1種なのですが、効果として成長ホルモンの分泌を促したり、疲労回復に効いたり、一酸化窒素生成による血流改善などが期待できます。

有名な精力素材にも含まれてる成分で、このアルギニンをどれくらい摂れるかで勃ち具合が変わってくるといっても過言ではありません。

では実際にどれくらい摂ればいいかというと、だいたい1000mg~8000mgと言われています。

人気の精力サプリなら1日1000mgはだいたい摂れます。個人的に知ってる精力サプリなら5,000mgが限界で、8,000mgとなるとアスリート向けのプロテインとかそういうものでしか摂れません。

つまり精力効果を期待するなら1000mg以上とれれば問題ないのかなと思ってます。

副作用については下で書いてある通り、なかなか意識しないと摂ることが難しい数値なので、あまり気にしなくていいのかなと思います。

また個人差はありますが、1日15,000〜20,000mg以上で過剰摂取になると言われており、正常な方でも胃腸に大きな負担がかかってしまう恐れがあるので、多くても1日15,000mg以下に抑えて摂取するようにしましょう。

引用:アルギニンランキング | 精力剤マイスター

 

ただ、アルギニンだけをとってもあまり効果的ではなく、可能なら同じアミノ酸のシトルリンと一緒に摂ることを推奨されています。

シトルリンは1日800mgくらいが目安となっています。ペニス増大系の精力サプリには良く含まれてるので、そこから探すのも悪くないですね。

また、さすがにどちらも精力成分でバランスが悪くなってしまうので、ビタミンとかミネラルも摂れる精力素材が欲しいと考えると、ちょっと混乱しがちです。

そういう時は、精力サプリのランキングサイトなど利用してあたりをつけることをお勧めします。

ちなみに先ほど引用したサイトでは、アルギニンランキングを展開してるのでそこから選ぶのが初心者にとってはいいかもしれません。

アルギニンは成分なので、1000mg摂ろうと思ったら、別途アルギニンだけを配合したものでないと摂るのは難しいでしょう。

つまりマカとかクラチャイダムとかでは、1000mgには届かないってことですね。

これ以外と知らない人が多い気がするので解説しておきますが、マカの2倍のアルギニン量を誇るクラチャイダムですら、100gあたり1.4gくらいのアルギニンしか含まれていません。

「mg」ではなく「g」ってのがポイントで、ちょっと計算が難しいですが100mgのクラチャイダムをとったくらいでは1.4mgにしかならないってことです。

つまりアルギニンを摂取したいなら成分ベースの精力剤がベストってことですね。

まぁクラチャイダムはアルギニンだけが精力効果の有無を左右してるわけではないので、悪い素材ってことはないのですがね。

ちょっと脱線してしまいましたが、ぜひアルギニンを取りたい方は精力サプリの選び方にこだわってみてください。

中折れ解消に効く精力サプリの成分とか素材の話

中折れを解消するために精力サプリを使うことはとってもオススメできるのですが、そもそも精力サプリの違いとか特徴が分からない人も多いかと思います。

無駄に商品数が多いから、どれお同じに見えてしまうのはある程度仕方のないこととはいえ、どういう違いがあるかを知っておけばまず精力剤選びで失敗しません。

というわけで、今さらながらしっておきたい精力サプリの素材とか成分とかの話をしたいと思います。

まず大前提として、精力サプリは健康食品になります。

人にとって大切な栄養素であるビタミンとかミネラルを豊富に含んでる加工食品ってことですね。

で、精力サプリに使われる素材には「マカ」「クラチャイダム」などが有名かと思います。

そんな素材も分類することが出来るので紹介しますね。

先ほど挙げた「マカ」「クラチャイダム」は植物性の素材となります。特徴としてはそれぞれ専用の有効成分が配合されてたりする点です。

マカで言うとベンジルグルコシノレートで、この成分が勃起力アップの働きがあるのではと言われています。

あとは、みなさんも良く知ってる「すっぽん」「うなぎ」とかの動物性素材ですね。

植物性素材とくらべてアミノ酸の含有量が多い素材が多くあります。

どちらも一長一短あるので、可能ならどちらも配合されてる精力サプリを選ぶのが良いのかなと思います。

また、「高麗人参」や「冬虫夏草」といった漢方系素材という分類もあります。ちなみにこの2種類は植物由来といえます。

精力サプリに使われるものは副作用の危険性がほぼない、安全な成分ばかりが使われてますが、医薬品になると生薬という形で「ゴオウ」とか「トウキ」など強力な効果を発揮する漢方素材が使われることになります。

あとは、「アルギニン」とか「亜鉛」といった精力成分がありますね。先ほどから挙げてる素材は、これらの成分をバランスよく含んでる形になります。

ただ、アルギニンとかは成分単体でも血流改善効果があることから、精力サプリではよく配合されることの多い成分です。

まとめると、「植物性素材」「動物性素材」「精力成分」の3つをいかにバランスよく配合してるかで精力効果がきまってきます。

例えばマカだけを使った精力サプリがあったとして、それは悪くはありません。

なぜならマカは完全食とも呼ばれるほど栄養バランスが優れていて、中にビタミンやアミノ酸など精力アップに効果的な成分がしっかり含まれてるからですね。

マカだけを配合してバランスが悪いのでは?という考え方は間違ってるということですね。

かといって、100種類もの精力素材を使った精力サプリも、1種類ごとの成分含有量が少なくなるためオススメしません。

精力素材5種類までで、追加で精力成分が2種類くらいがちょうどいいのかなと思います。

ぜひ中折れして精力サプリを探してるなら参考にしてみてください。

血行をアップさせて勃起力を高める方法

中折れはペニス内部の血流量が不十分なことから起きる症状です。

つまりペニスがパンパンに勃起してるってことは、血がペニスにしっかり流れ込んで、中折れなど起きないってことです

つまり血行が良ければ勃起力もおのずとアップするというシンプルな発想のもと、色々ある血行を良くする方法を紹介したいと思います。

まずは簡単にやれることとして、「白湯」があります。

熱湯にちょっと水をいれて作る、まぁ言ってしまえばぬるま湯みたいなもので、冷え性対策では定番ともいえる方法ですね。

体をあっためることで血行を良くすることができます。薬とかを飲むわけではないので、体に優しいってのもポイントかなと思います。

白湯をのむなら、起床時の1回と就寝2時間前の白湯が最も効果的です。冬場なら特に実践したいですね。

あとは「入浴」は意識したい要素です。

お風呂に入れば血行は良くなるのはみなさん知ってるとは思いますが、気づけばシャワーばかりでお湯をはることを忘れて、バスタブがすすけてませんか?

やはり毎日おふろにつかることは、安眠や肩・腰の凝り解消だったり、血行がよくなることで新陳代謝もよくなっていいこと尽くしです。

バブのような入浴剤を使えば香りによるリラックス効果も期待できるので、今日はセックス予定日って人は、やる前にひとっぷろ浴びてみてはいかがでしょうか?

あとは物理的ではないのですが、ストレスが血行不良につながってるってご存知でした?

ストレスや緊張によって血管が収縮したりすることで、血流が一時的とはいえ乱れてしまうので、できれば安静にすごしたいところです。

過度なストレスは血行が悪くなる不摂生な生活の始まりともいえるので、そういった意味でもケアは十分にしておきたいところです。

あとは筋肉量を増やすのも効果的ですね。

筋肉をつければ基礎代謝がアップして、体があったまりやすくなるメリットがあります。

また、下半身まわりの筋肉をつければ、直接的な勃起力アップにもつながっていいこと尽くしです。

以上、血流量をアップさせる方法を紹介しました。

ぜひ血行をよくして勃起力をアップさせてください。

精力剤って中折れにどれくらい効果ある?

男性の強い味方になる精力剤ですが、種類がいろいろあってまだ1度も飲んだことがない方にとっては未知だと思います。

というわけで、中折れを解消するために効果的な精力剤を紹介したいと思います。

オススメの精力剤を伝えればそれで済む話ですが、せっかくなので選び方から伝えていきたいと思います。

まず、そもそも話として精力剤には3つに大別することができます。

1つはバイアグラといった即効性がある本格的な精力剤です。飲んで30分もすればバキバキ勃起する、説明不要のシロモノですかね。

やはり効果で言うと、他の精力剤とは比較になりません。お金に余裕があるなら使わない手はないです。

あとはドラッグストアなどに売ってる一般用医薬品に分類される精力剤です。あかひげ薬局とかでも取り扱ってる漢方ちっくな商品ですね。

第一類医薬品なら男性ホルモンのメチルテストステロンを配合していて、1ヵ月未満の服用で中折れ解消に導きます。

第二類医薬品だと生薬ベースの精力剤になり、ちょっと効き目は落ちますが価格もさほど高くないのでオススメです。

医薬部外品になると、副作用が少ない分、効き目もかなり落ちて微妙なのでオススメはしません。

これらの一般用医薬品はドラッグストアに売ってると話しましたが、取り扱ってる店舗はもしかしたら数少ないかもしれません。

私が住んでるとこのドラッグストアには置いてありましたが、まさか店頭で精力剤探してるとも言いにくいと思うので、まずはネットで検索するのがいいでしょう。

最後に紹介するのが精力サプリです。実店舗で販売されてることはほぼなくて、ネット限定の商品ばかりです。

メリットは3つあって、1つは副作用が全くないことと、もう1つはコスパが良いところ、あとはセックスの直前に何かをする必要がないってことですかね。

逆にデメリットは効果を実感するまで最長3ヵ月はかかるという点です。

先ほど紹介してた医薬品ではないので、勃起力がアップする!とか精力がつくといった直接的な表現はされずに販売されていますが、実際に買って飲んだ男性の多くはリピーターとなって飲み続けてる事実があります。

そもそもED治療薬とかって、一時的に勃起するようにする薬なので、EDそのものを治すことはできません。

ただ精力サプリは、EDの原因であることが多い健康面をサポートすることができるので、根本的にアプローチできるところが最大の強みかなと思ってます。

ここまで紹介した3種類の精力剤は、結局どれくらいの期間で効果がでるかってところが違うだけなので、中折れを治すという点ではどれも同じなのかなと思います。

ちなみに私は精力サプリを一番オススメしています。ネットで精力剤と検索すれば出てくると思うので、興味のあるかたはぜひ調べてみてください。

中折れさせないためのテクニック集

ここでは、どうしても中折れしてしまうという男性のために、できるだけ中折れをごまかす、もしくは中折れさせないセックステクニックを紹介します。

まぁ中折れなんてED治療薬を飲んでしまえば何も心配することはないのですが、普段から持ち歩いてるって人の方が少ないでしょうから、それ以外の対策法を紹介します。

まずは、必ず実践してほしいのは景気づけですね。言い合えるなら気合を入れるのと同義で、勃起力がつきそうなドリンクを飲んでみたりしてほしいです。

中折れは気持ちの問題であることが多いので、プラセボでもあっても中折れしなければ目的は達せるということです。

では次は、具体的なテクニックを紹介します。

1つは行為中の体位ですね。

中折れしやすい体位というのが実はあって、それは騎乗位です。

騎乗位はすこしズレると、女性の全体重がペニスに集中するので比較的中折れしやすい体位といえるでしょう。

あとはバックなんかも、バキバキのペニスでないとピストンが上手くいきにくく、中折れも起きやすいです。

とにかくこの2つの体位は避けるよう心がけてください。

また、体位ではないのですがセックスのやり方でも中折れを回避できるテクニックがあります。

それはピストンの速度がゆっくりなスローセックスですね。

書籍なんかでも有名だとは思いますが、射精を目的とせず愛撫やコミュニケーションを重視してるため、中折れしがちでもお互い満足したセックスを楽しむことができるわけです。

ただ、スローセックスによって女性側はおおいに盛り上がるでしょうが、男性は性欲を維持するのが難しいケースもあります。

ようは前戯が長かったり挿入をじらす必要があるのですが、そのタイミングで邪念が入ってしまい射精前に賢者タイムに近い感覚になってしまうと、ペニスが萎えてしまう可能性があります。

逆に、女性と一緒に徐々に盛り上がっていくことができるなら、我慢というエッセンスが加わることから、勃起力は最大に引き上げられて、普通のピストンでも中折れしない可能性があります。

まぁ実際にやってみて自分に合ってるかどうかはしっかりチェックしておく必要はあるかなと思います。

また、スローセックスは時間がとにかくかかるので、時間制限があるシチュエーションでは使えないことだけ覚えておきましょう。

ED治療薬に頼らない中折れの改善方法

初めてセックス中に中折れを体験すると、次からも中折れを繰り返す可能性が高いわけですが、そんなときに精力剤に頼ろうと考えるかと思います。

一般的に言う精力剤といえば、バイアグラ、シアリス、レビトラといった病院で処方してもらえるED治療薬が代表的ですよね。

ただ、これらのED治療薬はとにかく値段が高いことで有名です。

1粒単位で処方してくれるところがほとんどなのですが、その1粒が1500円とかするため、コスパはかなり悪いのです。

海外のED治療薬のジェネリックならもっと安くなりますが、個人輸入代行を利用する必要があって、偽薬とか購入トラブルが絶えないと噂されてるので、買うにはちょっとハードルが高いです。

あとめまいとか頭痛とか、副作用も強めなのでセックスに集中できないケースもあるかもしれません。

というわけで、ちょっと前振りが長くなくなってしまいましたが、ED治療薬に頼らずとも中折れを改善する方法を紹介したいと思います。

まずは、中折れというのは勃起不全の症状となります。

そのため、勃起不全の解消法を実践すれば、おのずと中折れも解消することができます。

調べてる感じだと、とにかく効果があるのは生活習慣の見直しです。

ちょっとざっくりしてるので、詳細を説明します。

まずは食生活を見直しましょう。EDというのは不摂生が原因となってることが多々あります。

とくに摂りたい栄養はアミノ酸とビタミンとミネラルの3種類です。これらは主食、主菜、副菜の組み合わせを意識すると簡単です。

サプリメントに頼るのも悪くないですね。マルチビタミンとかは2000円もあれば上等なやつ買えるので、ぜひ実践してみてください。

食事が問題なくなれば、あとは運動です。

仕事がらまったく家を出ないとか、デスクワークがほとんどって人は肥満とかの問題だったり、血行が悪くなりがちです。

ウォーキングでもランニングでも、軽いトレーニングでもいいので筋肉をつかって体を動かしましょう。

ちなみにEDに効果的な運動はスクワットです。まぁかなりハードなので普段から運動してない人にはオススメはしません。

最後は睡眠です。良く寝てください。

ただ寝すぎるのもよくないので7時間~8時間を目安に睡眠をとると良いのかなと思います。

運動、食事、睡眠の3本柱さえしっかりしてれば、生活習慣は完璧といえるでしょう。

それにより中折れとは無縁の生活を送れるはずです。ぜひ実践してみてください。

そもそもなぜ中折れするのかの話

セックス中に起きるとかなり申し訳ない気持ちになる中折れについて、そもそもなぜ中折れするか知ってますか?

基本的には勃起に関わることなので、血流や脳からの信号などが関係してます。

具体的には、メンタル面が弱ってたり、ストレスがたまりまくってたり、疲れがたまって血行不良を起こしてたりが原因になってきます。

メンタルというのは、緊張とか不安が該当します。

「この前中折れしたけど今回は大丈夫か」とか、「初体験でどういう風に立ち回ればいいか分からず不安だ…」とかそんなのです。

この精神的に起きる中折れは、健康状態に問題はほぼない20代がほとんどと言われています。

考えすぎるなって言っても回避することは難しいので、とにかく楽しむよう割り切ることが大切になりそうです。

最悪、まだセックスしたことなくて不安って方は、さきに夜のお店で童貞をささげる代わりに、レクチャーしてもらうのもアリなのかなと思います。

また、血行不良についてはよっぽど血液がドロドロしてないと起きにくいのかなと思います。

具体的には動脈硬化とか糖尿病とか、血液がドロドロになる生活習慣病を発症してるケースですね。

糖尿病の初期症状として、最初にEDや中折れを発症することは珍しくありません。

「喫煙してる」だけとかなら、一時的に血管が縮小するだけなので、前述のような深刻な血行不良には陥らないのかなと思います。

つまり脳から「勃起して!」という信号がうまく伝わってないことで、中折れが起きてるケースのほうが多いってことですね。

まぁ中折れするってことは挿入はできてるってことなので、中折れは勃起不全(ED)よりもマシな症状ではありますよね。

ただ放置してればEDに発展する可能性はあるため、早いうちから生活習慣の見直しなど進めておくべきでしょう。